忍者ブログ
絵を描いています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マグリット展をみた。
図録と本物はやっぱし違う。
本物を見ないとだな。
とても素敵で、はうあ〜〜となった。
余韻にひたり、図録をじっくり味わう。

マグリットは商業デザインの仕事で忙しくて、絵画制作の時間も取れない時期があったとか
そういうエピソードを読んでは、勇気をもらう。
マグリットでも他の仕事で忙しい時があったんだなー。
みんなそんな生活のもろもろを何とかしながら、制作してたんだなあ、とか。

帰りにギャラリーに寄って、ドローイングを一枚衝動買い。
届くのが楽しみ。
高い作品はまだまだ買えないけれど、素敵な小さい作品を少しづつ集めていきたい。

創りたい欲、見たい欲が高まってる気がする。
るんるん






PR

 

  

大学時代の友人、小野さおりの個展がギャラリーmomo(両国)にて

開催されています。5月14日までです。ぜひに。

とても素敵なのです。

いま観れて、とても良かったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◯おすすめ展示◯

・恵比寿 art statementsでのAES+Fの展示がすんばらしい。

現美のトランスフォーメーション展でも印象的でした。もいっかいゆこう。

あまりに素敵だったので、動画たくさん載せてみました↑

 

・横浜美術館の高嶺格展も。くすっと笑い、ほろっと涙し、ぐさっと刺さりました。写真の作品よかったなあ。

 

  

もう2月も終わり。なんて早いのかしら。

 

今年は映像作品の実験がしたい。よし、しよう。

 

 日曜日に表参道ヒルズ地下3階で行われたart show“;Birth2”を観に行ってきました。

一昨年、上海のアートフェアに共に出品したことで知り合った、キリクさんが

このイベントのオーガナイズをされています。

 

ファッションショーのように、モデルさんがウォーキングをして、アート作品を持っていたり、

お洋服がアートだったり、写真がプリントされたお洋服だったりのshow。

とても面白かったです。

 

すっごく人が集まっていて、大盛況でした。

企画力、そしてその行動力がすばらしいなあーと思います。

 

showの後のパーティにも参加させて頂き、久しぶりにお会いした方々や

はじめてお会いした方々、たくさんの方とお話できました。

 

さて。2009年も残り3ヶ月とちょっと。

うかうかしてると、すぐに終ってしまいます。

でも、3ヶ月あれば、気合いを入れたら、結構いろいろ出来るんではないかーー

と思って突っ走りたいと思います。ゴーゴー

刺激を頂きました。

 金曜日は、名古屋に日帰りで行ってきました。

美味しいひつまぶしをご馳走になりました。

名古屋松坂屋の美術館でレオナール・フジタ展を観ました。

学生時代にも観たけれど、今回のほうがもっと良かったです。美しー!

その後、私の作品を出品している展示会場に行ってから、愛知県美術館にゆきました。

奈良美知さんの学生時代に描いた、アカデミックな裸婦などもあり、

かなりレアで面白かったです。

 

土曜日は、magicalで個展を開催中の栗山さんのアーティストトークがあり、

お友達の緑川さんもゲストとして参加されていたので、聞きにゆきました。

深いお話をお聞きすることが出来て、面白かったです。

久しぶりのお友達にも会えました。

 

その後、Tokyo Photoを観に六本木に。第一回目の写真のアートフェアです。

素敵な作品に出会えました。たくさんの人でした。

 

そして、夜は清澄白河の一斉オープニングに。

パリ在住の写真家のオノデラユキさんとアキ・ルミさんに久しぶりにお会い出来ました。

オノデラさんの個展が、KIDO pressにて開催中です。10月3日まで。

アキ・ルミさんも、ZEIT-FOTO SALONにて個展を開催中とのこと。29日まで。

お二人とは、上海で一度お会いしたことがあるのですが、本当にとっても素敵な方々で、

素敵オーラが出ているのです。

作品は人を表す、というけれど、本当にその通りなのだなあーとつくづく思います。

 

お友達が企画している、SUPER ART PARTYのオープニングに行ってきました。

上野から電車で2時間ちょい。福島のいわきで開催しています。

面白かったです。9日までやっています。

私が宿泊した近くのビジネスホテル、3,980円でかなり快適。

で、朝食まで付いてました。すごい。

NYから帰国した次の日に行ったのですが、時差ぼけで眠くなるかなーと思いきや

みんなと色々話してホテル帰ったら、興奮して逆に全く眠れないーというおもしろい現象が。

帰りの電車でぐっすりでした。

 

上野の森美術館に観にゆきました。精神科医の高橋先生のコレクション。

すんごくよかったですー!

鴻池さん、奈良さん、町田さん、小谷さん。あああー素敵すぎる。

どきどきしてしまいました。このどきどき感、日常ではなかなか味わえません。

 

自分の意識を引っ張られたような感覚。もっと意識を高く高く持たねばーと感じました。

「もっと遊んじゃえばいいんじゃない?」という言葉がふっと浮かびました。(自分自身の制作に対して)

 

展覧会があるからあと何枚ー!とか、それだけではなくて、

どんなに追われてたって、どんな状況だって、もっと楽しく、もっと自由に

もっともっと模索していこうーと。もっと冒険していこうー!と。そう思いました。

 

ひたすらストイックに、辛さに耐えながら修行するみたいなことも必要だけど

頭のスイッチを切って「ぴよよーん!」みたいな境地で創ることも大切だなあと。

そのバランスが大事だなあと。

 

いい作品て違う次元の世界に繋がっている感じがします。俗世界ではない世界。

私たちは作品というスイッチを使って、その世界を覗けるようになっているのです。

 

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
profile
HN:
ikumi nagasawa
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1980/09/22
職業:
artist
自己紹介:
絵を描いてます。
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]