忍者ブログ
絵を描いています。

絵画個人レッスンの生徒さんを数名だけ募集していますー


油絵、アクリル、水彩、デッサンなど。
子供から大人まで。

通常は、生徒さんのご自宅に伺っての指導ですが
しばらくは、オンラインレッスンになります。


詳細は、お気軽にお問い合わせくださいませ。


お問い合わせ先: ikumi.nagasawa@gmail.com (長沢郁美)


わたしの略歴:
女子美術大学大学院洋画科修了後、国内外で展示。
上海に2年半留学・滞在し活動。現在は東京で創作活動中。
12年の中高での講師経験、その他に小学校、幼児教室、美大受験指導の経験あり。


現在、女子美術大学洋画科非常勤講師。


http://mixed-color.com/%E9%95%B7%E6%B2%A2%E9%83%81%E7%BE%8E





PR

影絵のワークショップが無事におわりました。
伝説の生きものを想像してもらって、作ってもらいました。
謎の生きものがたくさんできました!
かわいいのとか、ちょっぴり怖いのとか。

にしおぎアート部というものを立ち上げ、
わたくし部長になりました。

影の写り方の実験を部員で練り練りしました。
改善点もあるけど、綺麗に映ってよかった〜


影っておもしろいなーーー


今後も何かしらワークショップや
その他にもおもしろいこと企画できたらーと思っております。
「なにかやって」などのオファーお待ちしておりまーす。


勤務先の大学も春休みに入ったので、
自分の制作もがんばろっと!









影絵のアートワークショップを開催します。
子供も大人も、よかったら遊びに来てくださーい!


昨年、杉並大人塾という謎の講座に参加してみて、
そこでやりたいことを言って仲間を集めるらしき第一回目で、
「アートのなにかをしたいです」と言ってみたら、
10名程のチームになり、あれよあれよとしていたら、
ワークショップをする運びとなりました。
西荻ふぁん・ふぁん・フェスというイベント内でやります。
よろしくお願いします。



1月18日(土)13:30〜15:30
高井戸四小 体育館(西荻窪から徒歩10分)
西荻 ふぁん・ふぁん・フェス







2019年も、もうすぐ終わり。
プチ掃除したり、溜まった仕事したり。


年始は温泉で、ぼーっとする予定。
宿でごろごろして読書しよう。


今年は、変化の多い年でした。
新しい出会いもたくさんあったなあ。感謝。
まだまだ変化の途中で、来年はどんな年になるのかわからないけど
楽しく挑戦して、わくわくをどんどん増やしていきたいです。

年明けには、アートワークショップを開催する予定。
ひさしぶりの。わくわく。


目標
・中国語の勉強を続ける
・制作に励む
・展示がしたい
・プラス 何か新しいことしたい
・運動したい
・旅したい



triceraという会社のサイトで作品を数点販売させて頂くことになりました。


我的作品在这个网站可以买,请看看一下

中国語、どんどん忘れる。勉強せねば。


https://www.tricera.net/artist/8100229



わたしの足の爪がひとつ変色していた。数ヶ月くらい。
あまり気にしてなかったら、先日その爪が自然と剥がれそうになり
グラグラになった。
爪が剥がれたことなんてなかったので、焦って病院に行った。
先生は「大丈夫よ」と言って、エイーっとぐらぐらの爪を剥がした。
「はい、おしまい〜」と。
剥がした爪の下には小さな新しいキレイな爪があった。

先の細いパンプスを履いた時に出血して、爪が死んだらしい。
だから新しい爪を下に準備してて、準備ができたから
上の爪は自然と剥がれたらしい。

たったこれだけのはなし。

でも私はなぜか感動してしまった。
死んだと思ってた爪の下で、人知れず新しい爪が数ヶ月の間準備してたんだなー
って思うと素敵だなーと。
しかも上の爪は死んでたのに、下が準備できるまで足を保護してくれてたんだなーと。
人間ってすごいなーーって思った。


もしかしたら停滞しているな〜って状況の時も、最近うまくいかないなって時も
人知れずその下で新しい自分が準備されているのかもしれない。


長らくブログをサボってしまってましたー。
思い出して、やっと更新。


この頃は制作が思うように進まなかったりで、
こねこねしてもがいたり、ぱたぱたしたり、ぼけーっとしたり、仕事したりしていました。

その一方で、新しい出会いとか偶然とかに恵まれて、考えることの多い日々でした。




台湾に行ってきました。
いろいろ展示を見たり、学生の演劇を中国語があまりわからなかったけど観てみたり。

 
台湾の雑貨屋さん。





陶芸を習い始めて1年ちょこっと。
陶芸はすんごい気楽に作れて、純粋に楽しいです。
お皿とか、立体とか。

表札



花瓶



立体



塩の入れ物





ここ数年、美術が本当に好きなのかどうか、よくわからなくなってしまっていました。
つくれない時の罪悪感とか。その苦しい時間がもったいなくも感じたり。
作品を作れない私は価値がないように感じてしまったり。


先日、塩田千春さんの展覧会に行ったら、久しぶりにとってもドキドキして、
「あああーやっぱり好きなんだなあ〜〜」と再認識できました。





素敵だったなーーーー
心の奥のすごく大切で純粋なものを掘り起こすような作業。
それを持ち続けることは、生きづらいのかもしれないけど、でも絶対に忘れたくないなあーと。
とても感覚的なのですが、そう思いました。



本を読み、映画を見て、展示を見て、音楽を聴く。
美味しいものを食べて、会いたい人たちに会っておしゃべりする。
新しいことに挑戦して、日々生活して、疲れたらたっぷり寝る。
まだまだだけど、制作以外のことはたくさんできた夏だったなーと思います。


これから、本当に自分が今感じている感覚や感情を
恥ずかしいくらいにそのままに表現してみたい!

今は平面は調子が出ないので、立体にしてみよう〜と思ったりしています。
楽しく実験。
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
profile
HN:
ikumi nagasawa
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1980/09/22
職業:
artist
自己紹介:
絵を描いてます。
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]