忍者ブログ
絵を描いています。

2019年も、もうすぐ終わり。
プチ掃除したり、溜まった仕事したり。


年始は温泉で、ぼーっとする予定。
宿でごろごろして読書しよう。


今年は、変化の多い年でした。
新しい出会いもたくさんあったなあ。感謝。
まだまだ変化の途中で、来年はどんな年になるのかわからないけど
楽しく挑戦して、わくわくをどんどん増やしていきたいです。

年明けには、アートワークショップを開催する予定。
ひさしぶりの。わくわく。


目標
・中国語の勉強を続ける
・制作に励む
・展示がしたい
・プラス 何か新しいことしたい
・運動したい
・旅したい



PR
わたしの足の爪がひとつ変色していた。数ヶ月くらい。
あまり気にしてなかったら、先日その爪が自然と剥がれそうになり
グラグラになった。
爪が剥がれたことなんてなかったので、焦って病院に行った。
先生は「大丈夫よ」と言って、エイーっとぐらぐらの爪を剥がした。
「はい、おしまい〜」と。
剥がした爪の下には小さな新しいキレイな爪があった。

先の細いパンプスを履いた時に出血して、爪が死んだらしい。
だから新しい爪を下に準備してて、準備ができたから
上の爪は自然と剥がれたらしい。

たったこれだけのはなし。

でも私はなぜか感動してしまった。
死んだと思ってた爪の下で、人知れず新しい爪が数ヶ月の間準備してたんだなー
って思うと素敵だなーと。
しかも上の爪は死んでたのに、下が準備できるまで足を保護してくれてたんだなーと。
人間ってすごいなーーって思った。


もしかしたら停滞しているな〜って状況の時も、最近うまくいかないなって時も
人知れずその下で新しい自分が準備されているのかもしれない。


長らくブログをサボってしまってましたー。
思い出して、やっと更新。


この頃は制作が思うように進まなかったりで、
こねこねしてもがいたり、ぱたぱたしたり、ぼけーっとしたり、仕事したりしていました。

その一方で、新しい出会いとか偶然とかに恵まれて、考えることの多い日々でした。




台湾に行ってきました。
いろいろ展示を見たり、学生の演劇を中国語があまりわからなかったけど観てみたり。

 
台湾の雑貨屋さん。





陶芸を習い始めて1年ちょこっと。
陶芸はすんごい気楽に作れて、純粋に楽しいです。
お皿とか、立体とか。

表札



花瓶



立体



塩の入れ物





ここ数年、美術が本当に好きなのかどうか、よくわからなくなってしまっていました。
つくれない時の罪悪感とか。その苦しい時間がもったいなくも感じたり。
作品を作れない私は価値がないように感じてしまったり。


先日、塩田千春さんの展覧会に行ったら、久しぶりにとってもドキドキして、
「あああーやっぱり好きなんだなあ〜〜」と再認識できました。





素敵だったなーーーー
心の奥のすごく大切で純粋なものを掘り起こすような作業。
それを持ち続けることは、生きづらいのかもしれないけど、でも絶対に忘れたくないなあーと。
とても感覚的なのですが、そう思いました。



本を読み、映画を見て、展示を見て、音楽を聴く。
美味しいものを食べて、会いたい人たちに会っておしゃべりする。
新しいことに挑戦して、日々生活して、疲れたらたっぷり寝る。
まだまだだけど、制作以外のことはたくさんできた夏だったなーと思います。


これから、本当に自分が今感じている感覚や感情を
恥ずかしいくらいにそのままに表現してみたい!

今は平面は調子が出ないので、立体にしてみよう〜と思ったりしています。
楽しく実験。


あけましておめでとうございます。
みなさまにとって素晴らしい年となりますように。

2016年の目標は、「これだ!と思える作品を作る」でしたが
思うようにできませんでした。引き続き今年の目標。
今年は東京での久しぶりの個展、上海でのグループ展も予定しているので
気合を入れて、なんとかひねり出していきたいです。
調子が悪い時も、ひねり出し、その中かからこねこねしていくしかないのだ今は。

本年もよろしくお願い申し上げます。

もう10月も終わってしまう。
11月は勝負。

寒くなってきたので、こたつと座椅子を買ったら動きたくなくなってしまった。
これは問題。

ありがたいことに、来年の予定がいくつか決まってきたので
どんどん制作。
今の自分をぶつける。のだ!

来年、久しぶりにどしゃっと作品を発表したい。
最近は仕事でぱたぱたしている。
夏休みになったら、どしゃっと描きたい。

あとTシャツを作る。楽しみのため。

夏は韓国のフェアに作品を出す。
韓国行きたかったけど、行けず。

来年夏に東京では7年ぶりの個展をする予定。

描き溜める。


とてもお世話になっていたZEIT FOTO SALONのオーナーの石原さんが
お亡くなりになった。
日本帰国後は頻繁にお会いしていて、いつも応援してくださっていた。
最後に絵を見せる約束をしていたのだけれど、それが間に合わずとてもとても悔しい。
時に厳しく叱って頂き、ハッとしたこともあった。
あんなに踏み込んで来て下さる方は、これから先なかなか出会えないだろうと思う。
とにかく素敵な方だった。いつもキラキラとしていた。お話がとても楽しかった。
あーー寂しいなあ。寂しすぎる。


上海を思い出して、赤いパンツの絵を描いた。
とにかく制作に精進せねば。
私が絵を描くにあたって、これまでたくさんの方が応援してくださったり
協力してくださっている。
その恩返しをなんとかしたい。


4月にはお引っ越し。
自宅とアトリエをいっしょにする。
今年か来年には個展がしたい。



01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
profile
HN:
ikumi nagasawa
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1980/09/22
職業:
artist
自己紹介:
絵を描いてます。
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]