忍者ブログ
絵を描いています。



明日、6月27日(土)にグループ展会場にて行われるトークイベントに参加します。
どきどきどき





トークイベント開催のご案内

『 対談  +  』
連続トークイベント『 対談  X  』番外編
6人の作家たち(予定):
青木野枝、オクヤナオミ、小野耕石、鷲見和紀郎、長沢郁美、日野之彦 + 石原悦郎 

日時:2015年6月27日(土) 14:30 ~ 15:30 (先着20名、予約不要、立ち見席有)
場所:ZEIT-FOTO SALON 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
 
 ツァイト・フォトでは『対談 ×(かける)』と題したトークイベントを開催しております。
これは、弊廊にて展覧会を開催中のアーティストとオーナー石原悦郎による対談です。
今回の「デッサン展」には世代も表現方法も異なる作家たちが集いました。そこで、
出品作家たちの語り合いに石原が加わるという座談会を開催することにいたしました。
題して『対談 +(ぷらす)』です。
 ところで、デッサンと聞いたとき人は何を思い浮かべるでしょうか。それは本物に対する
模写、あるいは美術の授業や美大入試の必須科目といった手習いに近い印象を持つ人も
多いと思います。しかし、本当にそれだけなのでしょうか。
 画家のドガはフランスの詩人ポール・ヴァレリーをして「まさしくデッサン狂」と言わしめる
ほど、デッサンにこだわりました。ドガにとってのデッサンは「真実への激しい配慮」そして
「ものの見方や絵画の技法に導入された多少とも見込みのある新しさ」を追究する行為
であったのでしょう。
 今回の展示に至る背景について、石原は「(パリの)とある画廊の前でデッサンを見た時に、
その場から動けなくなったことがある。デッサンというのはフランス語のdessinのことで、
英語でいえばdrawingだ。ただ、僕にはフランス語のdessinがもつ ”頭の中の閃きを形に
興す” という衝動に近い感覚の方がしっくりくる。そして、僕はそういう瞬発力がある芸術家
が好きなのだ」と語りました。どうやら、デッサンとはただの手習いや模写などではなく、
もっと個別に意味のある「行為」であり「存在」であり「表現」だといえそうです。
 今回『対談 +』では、アーティストたちにとって「デッサンとは何か?」を語ってもらいます。
それはいつ、どんなときに描かれるのでしょうか。また、デッサンを行なうことで彼らは何を
なしえているのでしょうか。同時代に生きるアーティスト同士の対話に耳を傾け、それぞれ
の作品世界をより深く知るきっかけになればと思います。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile
HN:
ikumi nagasawa
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1980/09/22
職業:
artist
自己紹介:
絵を描いてます。
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]